スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

より快適なゲーム配信

ゲーム画面をPCにキャプチャーしたけどPCだと画面小さくてやりづらいという方、いらっしゃるのではないでしょうか。
ここではゲームの画面をテレビ、PC両方に映す方法を紹介します。


まずキャプチャーボード。


I-O DATA USB接続ビデオキャプチャー GV-USB2I-O DATA USB接続ビデオキャプチャー GV-USB2
(2010/09/30)
アイ・オー・データ

商品詳細を見る


キャプチャーボードの中で一番値段が安い部類に入るものです。
自分はこれの1つ前のバージョンを使っていますがラグもなく、画質も放送に使う分には十分と言えると思います。



以下キャプチャーボードについては設定済みでPCに画面がうつるものとして話を進めます。

最初の配線は多分こんな感じ。
初期配線

ゲームの出力先はPCにしかないのでテレビに映るはずはないですね。

そこで使うのがこれ。

フジパーツ 分配AVケーブル 3ピン-6ピン 2m FVC-131フジパーツ 分配AVケーブル 3ピン-6ピン 2m FVC-131
()
富士パーツ商会

商品詳細を見る


これは出力元が1つの映像を2つのものに出力するためのケーブルです。
簡単に言うとゲームの画面をテレビとPC両方に映すためのケーブルです。

本来ならケーブルは1束しかないのでゲームの映像が出力されるのは当然1か所です。
が、これによりケーブルを2束に増やし2か所で映像を出力することができるようになります。


ここで問題になるのが「ゲーム機と分配ケーブル」の接続です。
双方とも凸なのでつなぐことができませんね。

そこでこれを使います。

フジパーツ ピン端子-ピン端子中継プラグ AC-333フジパーツ ピン端子-ピン端子中継プラグ AC-333
()
富士パーツ商会

商品詳細を見る


この中継プラグを間に挟むことで接続できるようになります。

以上を踏まえてつなぎ直してみるとこんな感じ。
配線概要図

これでいつも通りゲームを起動すればテレビに映しながらゲーム配信ができる、ということになります。


ざっくりと説明しましたがこんな感じです。興味があったらやってみてください。
何か質問がありましたらわかる範囲でお答えします。ちなみに絵がヘタなのは仕様です←
スポンサーサイト
放送関連 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/02/09 16:50
コメント
No title
>ファニーさん

いいと思います。
これからもそのクオリティの高い配信でリスナーを楽しませてくださいね。
No title
マリカーやりづらすぎたので、これを見習って分配ケーブルかうことにしますね^ー^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。